第51回みやぎ仙南農協肥育牛部会枝肉共進会

~誇れる肉牛生産へ~

 

 みやぎ仙南農協肥育牛部会は8月1日、仙台中央食肉卸売市場㈱で、部会員の更なる飼養技術向上を目的に第51回枝肉共進会を開催しました。
 共進会には、黒毛和種30頭(去勢22頭・雌8頭)が出品され、厳正なる審査の結果、チャンピン賞に小賀坂實氏(川崎町)、最優秀賞に村上善吉氏(蔵王町)、小松内三氏(蔵王町)が選ばれました。
 馬場茂部会長は「天候不順や飼料高騰など、畜産を取り巻く環境は厳しい状況ではあるが、平成29年に宮城県が会場となる『第11回全国和牛能力共進会』に向けて更なる技術向上に努めてほしい。」と挨拶がありました。
 同肥育牛部会では、今後も継続的に枝肉共進会を実施し、飼養技術向上に努めていきます。