訴えの声をひとつに

~TPP宮城県民集会~

 

 「TPPから食とくらし・いのちを守るネットワーク宮城」は、TPPに関する情報公開や国民的議論が十分にされないまま、日米首脳会議での「大筋合意」を阻止するため、4月21日に仙台市で宮城県民集会を開催しました。
 当日は悪天候の中、農協・漁協・生協・医療団体など27団体、約1,500名が集会に参加し、『国会決議をほごにする「大筋合意」を阻止する』『震災復興の加速化に向けて徹底した運動を展開する』との決議を採択しました。
 集会後には、市内中心部でのデモ行進を行い、「国を壊すTPPは認めないぞ!」と道行く人に訴えました。