今年も良質な菊を提供

~JAみやぎ仙南花卉部会~

  JAみやぎ仙南花卉部会では7月26日、柴田町槻木の柴田選花場で、部会内の品質向上や生産技術の充実化を図り、みやぎ仙南産の菊を市場へアピールしようと、菊の出荷査定会を開催しました。
 当日は、同部会員約80名が参加し、全農みやぎ、大河原農業改良普及センター、仙台生花㈱など4社の市場関係者11名を招き、菊の生育状況や今後の管理の方法、各市場の情勢報告、現品確認などが行われました。
 今年度は6月から7月にかけて天候が安定したこともあり、良品質な菊を収穫することができ、同部会では、今後とも部会一丸となって更なる品質向上を目標に取り組みを行っていきます。