良質なかぼちゃ作りに向けて

~業務加工用野菜栽培現地検討会~

 JAみやぎ仙南は6月29日、仙南管内3つの圃場で現地検討を行い、業務加工用野菜(かぼちゃ)の更なる品質向上に努めようと現地検討会を開催しました。
 当日は組合員12名が参加し、仙南管内3ヶ所(蔵王・白石・角田)のかぼちゃ生産者の圃場を訪れ、渡辺採種場 瀬峰研究農場 農場長の渡辺氏を講師に各圃場の生育状況を確認し、今後の栽培管理について技術指導が行われたほか、病害虫防除方法について説明がありました。
 今年度の管内のかぼちゃは生育も概ね順調で、高品質なかぼちゃの収穫が見込まれており、当JAでは収穫まで品質管理の徹底を呼びかけていきます。