永年購読者に感謝を込めて

~「家の光」愛読者のつどい~

 >

 

 当JAは1月19日、蔵王町のございんホール(蔵王町ふるさと文化会館)で、“協同のこころ”を家庭ではぐくむ雑誌「家の光」を、永年にわたって購読している人に感謝の気持ちを表すため「平成27年『家の光』愛読者のつどい」を、今回初めて開催しました。
 当日は、表彰者をはじめ約300人が参加。30年以上にわたって購読している永年購読者に対して、JAと家の光協会から感謝状と記念品が贈られました。表彰式後は、職員や女性部員による家の光にまつわるエピソードを交えた発表が行われたほか、記念講演として、白石市在住の佐藤美佐子氏によるピアノ弾き語りや、お笑いコンビ「まつトミ」による漫才があり、来場した人は大いに楽しんだ様子でした。
 浅野清組合長はあいさつで「長い間、購読という形で当JAと家の光協会を支えてきてくれた方々に感謝したい」と感謝の意を述べました。