平成22年度あぐりキッズ農業体験活動かべ新聞コンクール表彰

 食生活をめぐる環境が急激に変化している昨今、特に子ども世代に対する「食と農の教育活動」の重要性が注目されています。こうした中、JAではJA青年部・JA女性部と連携し、管内の小学校や地域の子どもたちの食と農の各種農業体験活動に積極的に取り組んでいます。そこで、今後もっと農業体験活動を広めていこうと、子どもたちの素晴しい農業体験活動の集大成として〝かべ新聞コンクール〟を実施し、平成22年2月11日に蔵王町のございんホールで開催した、JAみやぎ仙南あぐりキッズ農業体験活動学習交流会において表彰いたしました。かべ新聞コンクールには、14団体・15作品の応募があり、厳正なる審査の結果、蔵王町立円田小学校4年生が最優秀賞に輝きました。

【審査員】
尾本 満雄(JA宮城中央会 営農農政部 次長)
野村 拓志(日本農業新聞東北支所 調査役)
澤村 貢市郎(東北農政局 消費安全部 地域第三課 課長補佐)
佐藤 亨(大河原教育事務所 指導主事)
土屋 稔(大河原地方振興事務所 農業振興部 技術副参事兼次長)
藤田 亮嗣(社団法人家の光協会 北海道・東北普及文化局)
飯田 真士(農林中央金庫仙台支店 業務第四班 次長)
舟山 健一(みやぎ仙南農業協同組合 代表理事専務)
日下 正弘(みやぎ仙南農協青年部 委員長)
八嶋 洋子(JAみやぎ仙南女性部 部長)

【全体の審査講評】
 今回のコンクールには、15点の作品が寄せられました。作品の質は、着実に毎年向上しており、子どもたちの取り組み、先生方の指導、そしてJA青年部、女性部の皆さんの取り組みに敬意を表するものです。取り上げているテーマも、米、さつまいも、大豆、そら豆、トマト、きゅうりなど、多様になっています。作物を栽培すること、そして収穫し食べることが非常に大切であり、そのような体験に、いきいきと取り組んでいる姿が、写真や感想文など随所にあらわれていました。テーマにそって、体験しながら学ぶという意欲が、かべ新聞の中に凝縮し、規定のスペースでは収まりきれない様子も伺えました。
 さらに、クイズや四コマ漫画等の工夫、観察を写真ではなく絵で表現している点、立体表現の工夫など、インパクトある表現もすばらしいものがありました。特に、調べ学習は内容が多岐にわたり、さまざまなテーマで取り上げ、苦労のあとがみられました。それぞれの作品の内容や体験は申し分ないものであり、あとは人に見てもらう、読んでもらう工夫をどれだけできたかが、コンクール審査結果としてあらわれたものと思われます。同じ内容でも、配置や大きさ、色、形など構成しだいで大きく変わります。
 今回応募いただいた学校、保育所、幼稚園でこれらの体験を次の学年、学校・保育所、幼稚園全体、さらには地域を巻き込んだ活動へとその輪を是非大きく広げて欲しいと心より願っています。
(審査委員長:JA宮城中央会営農農政部次長 尾本満雄)

受賞名 最優秀賞 みやぎ仙南農業協同組合長賞
学校名 蔵王町立円田小学校4年生
審査講評 色使い、横に流れる構成、絵文字の使い方など、全体的に目を引くインパクトのある紙面づくりになっていました。調べ学習も、米の種類や名前、世界の米、栄養など実によく調べ上手にまとめあげていました。また写真だけでなく、さし絵も効果的な配置となっています。体験の内容がよくわかる感想表現もとても良く、伝えたいことがたくさんあることが伺えるよい作品でした。

 

受賞名 特別賞 みやぎ仙南農協青年部委員長賞
学校名 川崎町立川内小学校
審査講評 全学年での取り組みに意欲を感じ、たくさん経験した内容がよくとらえられており、いきいきと伝わるものとなっていました。調べ学習がもうすこし充実すればさらに良いものになったと思います。全学年で経験した沢山の内容を上手にまとめた作品でした。

 

受賞名 特別賞 みやぎ仙南農協女性部長賞
学校名 丸森町保育所
審査講評 全体の構成が大胆で飛び出す4人の子どもの躍動感にインパクトがありました。また、楽しく読める工夫、子どもたちの得意満面の表情などさまざまな工夫が目をひきつけました。一年間の苦労と楽しさが良くまとめられた作品でした。

 

受賞名 特別賞 JA宮城中央会長賞
学校名 角田市立西根小学校
審査講評 文字が大きくまた色使いもよいものに仕上がりました。調べ学習の内容もまとまっていて読みやすく、またクイズの工夫もあり配置も上手でした。販売体験まで行っていることに感心しました。目立たせる工夫があればさらに良かったと思います。自分たちが伝えたいことをとても丁寧にまとめあげた作品でした。

 

受賞名 特別賞 日本農業新聞東北支所長賞
学校名 角田市立北郷小学校
審査講評 大豆についてよく調べていました。手作り感がとてもよい印象でした。農作業や調理、みそづくりにとりくみ、その内容をよく観察しまとめあげていました。また、子どもたちの感想がよく伝わり、写真に頼り過ぎない工夫がありました。一人ひとりが勉強した内容をよくとらえてある作品でした。

 

受賞名 特別賞 家の光協会長賞
学校名 大河原町立大河原南小学校
審査講評 さつまいもについて、多面的に表現されておりよく調べていると感心しました。データを駆使し、人をひきつける内容となっています。また、つるを表現した飾りは面白く、見せる工夫をもう少し加えるとさらに良いものとなったと思います。「さつまいも」よく調べたと感心させられる作品でした。

 

受賞名 優良賞
学校名 学校法人柴田学園 たんぽぽ幼稚園
大河原町立金ヶ瀬小学校
村田町立村田第三小学校
川崎町立本砂金小学校
蔵王町立円田小学校2年生
白石市立深谷小学校
白石市立福岡小学校
角田市立藤尾小学校
丸森町立丸森小学校