交流・活動報告

音楽で心に癒しを

~女性大学「カレッジ輝楽里」第5回講座~

 

 

 JAは12月15日、女性大学「カレッジ輝楽里」を柴田町で開きました。5回目となる今回は、全日本音楽療法士の資格を持つ高本恭子さんを講師に招き、音楽療法について学びました。
 高本さんは、自身の体験談を交えながら、キーボードで「ふるさと」を弾いて生徒と一緒に歌ったり、年代や状況別に効果のあるさまざまな曲を紹介しました。
 音楽とストレスについて、高本さんは「悲しいときには悲しい曲など、気分にあった曲を聴くことがストレス減につながる」とし、気分と逆の曲を聴くことはストレスがたまりやすいと注意を呼びかけました。
 参加した生徒は「療法と聞くと難しいイメージだが、とてもわかりやすかった」「音楽の力はすごいと感じた。もっと聞きたかった」と話し、好評でした。