交流・活動報告

地ビール「侍」が発売

~地ビール「侍」発売記者会見~

 

 

 宮城県南4市9町への訪日外国人旅行者(インバウンド)誘客を目的とした地ビール「侍」の発売記者会見が10月6日、丸森町で行われました。関係者ら約30人が出席し、PRコマーシャルや、丸森町を拠点に活動する「Tae-chu(タエチュー)」が制作したテーマソング「侍ビール」の発表も行われました。
 訪日外国人旅行者誘致会社である㈱侍(本社:丸森町)が起案。JAの子会社である㈱加工連仙南シンケンファクトリーが製造を行います。「侍」は、アルコール度数13%(4市9町にちなむ)と、一般的なビールに比べて度数が高いバーレーワイン種。ボトルで330ミリリットル(税別1,480円)、1リットル(税別5,000円)、飲食店向けに15リットルの樽を製造します。仙南シンケンファクトリーほか、県南の飲食店を中心に県内、東京などシンケンファクトリーの取引先へ通知、受注販売することとなっています。
 ㈱加工連の齋藤誠代表取締役社長は「甘さと苦味のバランスがとれているのが特徴。将来、海外でも展開できれば」と話しました。