交流・活動報告

食・農・健康テーマに開講

~女性大学「カレッジ輝楽里」開講~

 

 

 JAは7月25日、女性大学「カレッジ輝楽里」を開講し、2期生26人が入学しました。昨年に引き続き2回目の開講となり、管内在住の50歳くらいまでの女性が対象。子育て世代も参加できるよう託児も完備しています。JAならではの食・農・健康をテーマに、来年1月までに全6回の講義を予定しています。
 この日は、仙南シンケファクトリーでハムとソーセージの歴史について学びながら、ソーセージ作りを体験。その後食事を楽しみました。参加者は「体験したことのない経験や話しでとても面白かった」と話しました。
 荒井研一常務理事はあいさつで「生活の充実と仲間作りをすすめるとともに、女性ならではの意見をJAに届けていただきたい」と話しました。