交流・活動報告

青年部新体制 組織活性化目指す

~みやぎ仙南農協青年部第17回通常総会~

 

 

 みやぎ仙南農協青年部は4月9日、大河原町の総合会館ララ・さくらで、第17回通常総会を開催しました。当日は、各地区青年部員をはじめ、約60名が出席。議長に川崎地区青年部の神崎安弘氏を選任し、平成28年度事業計画を含む全5議案について審議した結果、すべて原案通り承認されました。
 今総会では、現本部役員の任期満了に伴う役員の選任が行われ、新委員長に角田地区の大平一光氏が選任されました。
 平成28年度は手作り看板製作やのうかつ交流会を継続実施しながら、新規盟友の加入や盟友同士の結束を高める活動等に積極的に取り組んでいくこととしています。
 新委員長の大平氏はあいさつで「青年部組織をもっと活性化させたい。そのための活動を、皆さんの力を借りながら精一杯取り組んでいきたい。」と決意を語りました。